メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

日々こそ最大の出会い=近藤勝重

 目玉やきまるで夜空のお月さま

 なみは歌ザーザー歌うがっきだよ

 カレンダー三十二日あったらな

 大仏さんじっとしていて暑くない

 ふうりんにかぜがことばをおしえてる

 全日本川柳協会の2年前の全国大会に寄せられたジュニア部門「自由に作る」の中からピックアップした小、中学生の作品だ。(作者名省略)

 いずれの句も、あることに気づいたり、発見したりしたことを詠んでいる。毎日小学生新聞主催の「親子で学ぶ作文教室」で子どもたちに常々言っているのは、(1)体験を思い出す(2)その体験で気づいたことを書き(3)心に浮かんだ感想や考えも書く−−といった3点だ。

 何に気づいたかについては、忘れないうちにメモに取るようにとも念を押している。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです