メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

変わり続ける中国=宮本アジア研究所代表・元駐中国大使 宮本雄二

 5月に15年ぶりに貴州省を訪れ、その変貌ぶりに驚いた。中国が変化し続けていることは頭で分かっていても、現実を突きつけられると、それでも驚く。貴州省は中国でも指折りの貧困地域であった。おかげで中国において環境汚染がない数少ない所だし、雄大な美しい自然と少数民族の貴重な文化が今も残っている。山と丘が全体の9割強を占める地形のせいで交通が不便なことが、省が貧しい最大の理由であった。しかし主要行政区をつなぐ高速道路網が完成し、また省都貴陽に3本の高速鉄道が乗り入れるようになり、状況は変わった。この5年で省としての総生産額は倍以上となった。

 インフラ整備だけではない。最先端のクラウド技術を中核に「貴安新区」という人口300万人の新たな都市…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです