メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 歌と笑顔でエール 森山良子さん、舞台裏で交流

病気と闘った子どもたちと記念撮影する森山良子さん(後列右端)=東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで2016年7月6日、猪飼健史撮影

 東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで6日に開かれたチャリティーコンサート「生きる2016」。開演前、歌手の森山良子さんは舞台裏でがんの闘病経験がある子どもたちと交流した。

 6〜20歳の男女6人が森山さんの楽屋を訪ねた。子どもたちは「頑張ってください」などと言いながら、1人ずつピンクのバラを手渡した。森山さんは「調子はどう?」などと話しかけ、一緒に記念撮影をした。

 小さい頃に目のがんなどと闘った足立区の高校3年、執印(しゅういん)優莉亜さん(17)が「今年で18歳になります」とあいさつすると、森山さんは「頑張ったわね。よく来てくれました」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです