メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

ツキノワグマ、中国地方で目撃増加 餌豊富で若い個体活発 警戒心薄く人里近くへ

 中国地方で4、5月のツキノワグマの目撃件数が増加した。島根県では記録が残る1996年以降最多となり、広島、山口両県でも高止まりしている。専門家は餌となる木の実の生育が良く出産頭数が増え、若いクマが活発に動き回っていると指摘する。臆病で人を怖がるはずのクマが人を襲う事例も相次ぎ、各県が委託した専門家がパトロールの回数を増やすなど中国地方で警戒が強まっている。【松田栄二郎】

 2005年以降のツキノワグマの4、5月の目撃件数は、島根県では11年までは31〜96件で推移したが…

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです