メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 森山さん、子供たちと交流

開演前、病気と闘った子どもたちと談笑する森山良子さん(中央)=東京都渋谷区で6日午後6時13分、猪飼健史撮影

 東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで6日に開かれたチャリティーコンサート「生きる2016」。開演前、歌手の森山良子さんは舞台裏でがんの闘病経験がある子どもたちと交流した。

 6〜20歳の男女6人が森山さんの楽屋を訪ねた。子どもたちは「頑張ってください」などと言いながら、1人ずつピンクのバラを手渡した。森山さんは「調子はどう?」などと話しかけ、一緒に記念撮影をした。

 小さい頃に目のがんなどと闘った足立区の高校3年、執印(しゅういん)優莉亜さん(17)が「今年で18歳になります」とあいさつすると、森山さんは「よく来てくれました」と笑顔を見せた。執印さんは「森山さんが(小児がんに)関心を持ち、私たちの話を聞きたいと思ってくれているから直接あいさつする機会をもらえたと思う。お話しできて良かった」と話していた。【福島祥】

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです