メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・宮津湾

ナマコの「保育園」実験 豊かな海再生へ 

宮津湾で捕れるナマコ。漁師たちは小さなサイズは海に帰し、資源保護を心がけている=安部拓輝撮影

 京都府宮津市街地が隣接する宮津湾で未知の実験が始まった。ナマコの生態を調べ、藻場の復元も進めながら漁獲量を増やし、乾燥ナマコなど伝統産業の発展につなげるというプロジェクト。ナマコは海の多様性を象徴する生物。豊かな海を取り戻すための第一歩となるか注目される。【安部拓輝】

 宮津湾は周りの半島の雑木林から栄養豊かな水が供給され、多様な魚介類が産卵に訪れる「海のナーサリー(保育園)」となっているが、海岸の道路整備や台風の影響でアマモなどの藻場が消え、幼魚の隠れ場所が減っている。ナマコは海底の障害物の中で大きくなるため、環境の変化の影響を受けやすい。乾燥ナマコを珍重する中…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです