メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
デジタルよもやま話

人事もAI ごますりでなく真の実力社会に?

ハーモスの画面=ビズリーチ提供

 「何であいつが出世したんだ」「採用時の面接官はオレの適性を分かっていない」。サラリーマンにありがちな愚痴ですが、それでは、公平無私に人工知能(AI)が人事を判断したらどうなるか。そんな時代がもうすぐ来そうです。【生活報道部・柴沼均】

 人材サービスのビズリーチ(東京都渋谷区)は6月、人材の採用、育成、評価をAIがサポートするクラウドサービス「HRMOS」(ハーモス)を発表しました。営業力や研究開発能力、国際性など、どのような人材がほしいかは会社ごとに違います。ハーモスはその会社の社員評価をビッグデータとして蓄積。それをAIが分析します。出世するなど高い評価を受けている社員の特性が分かれば、一般的な評価基準のみではない各企業の求めている能力が導き出されるからです。採用時には、必要な人材かを見極める選考基準を面接官に示します。

 さらに、入社後もハーモスの活用は続きます。これまで採用、勤怠、上司からの評価、健康管理などさまざま…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文1040文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです