メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック選挙

1986年衆参同日選 「死んだふり」で与党圧勝

選挙結果を報じる1986年7月7日の毎日新聞夕刊1面(東京本社版)

 国会は3年ごとに参議院の半数を改選する一方、任期4年の衆議院には解散があり、そのタイミングによっては両方の投票日が同じ「衆参同日選」が起こります。同日選は衆院選と連動した方が参院選の票も伸びるとの期待もあれば、どちらも負ける恐れもあり、時の首相が慎重に判断することになります。今回の参院選で、安倍晋三(あべ・しんぞう)首相は直前まで同日選を視野に入れていましたが、見送りました。

 同日選が実施されたのは過去に2回。直近は30年前、1986年です。当時の中曽根康弘(なかそね・やす…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです