メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

 2011年7月9日スーダンから分離独立。13年7月、国庫収入の98%を占める原油を巡る権力争いでキール大統領がマシャール副大統領を解任し同年12月に内戦が発生。数万人が死亡し230万人が避難した。15年8月に和平協定調印、16年4月にマシャール氏が第1副大統領に就任し暫定政権が発足したが…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです