連載

記者の目

最前線の記者がそれぞれの取材テーマを論じます。1976年にスタートした毎日新聞を代表するコーナー。

連載一覧

記者の目

2016参院選 その1票、どこへ?=倉重篤郎(論説室)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
党首討論会での安倍首相。「税収増21兆円」とアベノミクスの果実を強調するが……=日本記者クラブで6月21日、丸山博撮影
党首討論会での安倍首相。「税収増21兆円」とアベノミクスの果実を強調するが……=日本記者クラブで6月21日、丸山博撮影

「この道」引き返す好機に

 安倍晋三首相は「この道しかない」と言う。「まだ道半ば」だとも言う。そのたびにうさん臭さを感じる。「この道」以外にも適切な道があると思うし、目標に到達できないことを「道半ば」と言い訳している。何よりも戦後歩んできた道とはあまりに異なる。あなた任せでリスクも高すぎる。この道を引き返そう。参院選はその好機にしたい。

 外交・安保政策がいい例だ。日本は戦後2度、外交・安保環境の激変に遭遇したが、その度に穏当な道を選んできた。戦後世界を二分した米ソ冷戦では米側陣営に入り、日米安保条約による軍事抑止力と憲法9条による平和規範力によって国力を経済発展に集中、一人の戦死者も出さない経済大国をつくり上げた。

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1877文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集