メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

「心の支え」臨災FM続々閉局

「FMあおぞら」放送終了のあいさつで、感謝の気持ちを語る吉田代表(左)=宮城県亘理町で2016年3月24日、FMあおぞら提供

 東日本大震災の被災地で臨時災害放送局(臨災FM)の閉局が相次いでいる。地域住民からの「続けて」という声に応えようと、コミュニティー放送(地域FM)に生まれ変わる動きもあるが、スポンサー集めなどハードルは高い。

 ●26局から7局に

 震災後に開設された臨災FMは岩手、宮城、福島3県で計26局あったが、今も臨災FMとして続いているのは7局のみ。政府の集中復興期間が終了し、補助金の減少も影響している。

 「速報性、詳述性に富むラジオ放送は防災だけではなく、地域コミュニティーの形成や復興のためにもまだま…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです