メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選択の現場

2016参院選 基地の街、安保法に揺れ 自衛隊、憲法に明記を 米の戦争で血流れる

関係者らに見送られて新千歳空港を出発する南スーダン国連平和維持活動(PKO)第10次隊=北海道千歳市で5月22日、日下部元美撮影

 集団的自衛権の行使を可能にし、自衛隊の任務を拡大する安全保障関連法の成立後、補欠選挙を除けば初の国政選挙になる参院選。自衛隊の基地を抱える全国の「基地の街」では、与野党候補が舌戦を繰り広げ、隊員や家族の胸の内は任務とリスクのはざまで揺れている。【日下部元美、三股智子、浅野孝仁】

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1278文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです