メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きんしゃい・はかた

街は博物館/58 九州大学総合研究博物館

偏光顕微鏡や精密てんびんなど貴重な展示物を前に「ぜひ一度来館を」とPRする岩永省三教授=福岡市東区箱崎6の九大総合研究博物館で、三嶋祐一郎撮

教科書で見たあの化石も

 化石や昆虫、考古遺物、古人骨などあらゆる分野の学術資料、標本など計約750万点を収蔵、保管する九州大学総合研究博物館。1911(明治44)年創設の旧九州帝大からの研究成果が集められ、国内の大学で最大規模を誇る。

 開館は2000年4月。貴重な資料を広く一般に公開しようと、九大が旧工学部本館3階に展示室を設けた。旧工学部本館は30(昭和5)年完工の近代洋風建築。当時の博多の街の話題をさらった、文化的、歴史的に九大を代表する建築物だ。ただ大学の伊都キャンパス(福岡市西区元岡)への移転に伴い、博物館もいずれ同キャンパスの新しい建物に移る予定だ。

 フロアは常設展示と企画展示に分かれる。特に400万点を超える昆虫標本は世界的に有名。縄文期など30…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです