大西飛行士

乗り物酔い大丈夫? 宇宙船で50時間缶詰め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソユーズ宇宙船内で作業する大西卓哉宇宙飛行士(右奥)=JAXA・NASA提供
ソユーズ宇宙船内で作業する大西卓哉宇宙飛行士(右奥)=JAXA・NASA提供

 【モスクワ阿部周一、須田桃子】大西卓哉さん(40)ら宇宙飛行士3人を乗せたロシアの宇宙船「ソユーズMS」は、日本時間9日午後1時過ぎの国際宇宙ステーション(ISS)到着まで約50時間の長旅を続けている。船内は極度に狭く、環境は劣悪だ。大西さんはどのように過ごしているのだろう。

 「遊園地のコーヒーカップに乗っている感覚。船長は前回の飛行を思い起こし『最大の憂鬱だ』と言っていた」。大西さんは6月の記者会見で苦笑した。

 船内で人が入れるのは、先端の「軌道モジュール」(広さ約6立方メートル)と、打ち上げ時に搭乗する中央の「帰還モジュール」(同約4立方メートル)。ともに直径2メートル強しかなく、地上と交信しない時間帯は太陽電池パネルが太陽へ向くようゆっくり回転し続けるため「コーヒーカップ」になる。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文982文字)

あわせて読みたい

注目の特集