メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラテロ

若者ら150人失踪 過激派、予備軍勧誘か

人質テロ事件の現場近くへ献花に訪れる人たち=ダッカで2016年7月7日、小出洋平撮影

 【ダッカ岩佐淳士、金子淳】バングラデシュの首都ダッカで日本人7人が犠牲になった人質テロ事件が起きてから8日で1週間となる。イスラム過激派メンバーとみられる実行役の容疑者らは有名私大などで学んでいた若者たちで、数カ月以上前に行方不明となっていた。バングラ国内では失踪した若者が150人以上いるとされ、「テロリスト予備軍」として一部は過激派に勧誘された疑いもある。過激思想の広がりに脅威が強まるなか、7日には中部ショラキアで爆発事件が発生、3人が犠牲となった。

 捜査当局が実行役と断定したのは6人。5人は治安部隊が突入した際に射殺され、1人は逮捕された。実行グ…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1289文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです