メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキワ荘

豊島区が復元へ…マンガ文化発信の拠点に 東京

豊島区役所で開かれた記者会見で、トキワ荘の模型(50分の1)を前に復元への思いを語る里中満智子さん(右)と同区の高野之夫区長=豊島区役所で2016年7月7日、野島康祐撮影

 東京都豊島区は7日、手塚治虫さんや赤塚不二夫さん、藤子不二雄さんら著名な漫画家が若手時代を過ごし、1982年に解体された同区南長崎3のアパート「トキワ荘」を跡地近くの区立公園内に復元すると発表した。マンガ・アニメ文化を伝える展示施設として運営し、新たな観光資源の拠点作りと地元の活性化を目指す。東京五輪前の2020年3月のオープン予定だ。

 トキワ荘は52年12月の建築。木造2階建てで4畳半〜6畳の部屋が約20室あった。地方出身の漫画家が…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです