ミラーレス車

開発加速 後方の安全、カメラで確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
BMWが提案するミラーレス車のイメージ。ドアミラーの代わりにカメラが付き、ルームミラー部分に後方を幅広く見渡せる映像を映し出す=BMW提供
BMWが提案するミラーレス車のイメージ。ドアミラーの代わりにカメラが付き、ルームミラー部分に後方を幅広く見渡せる映像を映し出す=BMW提供

 自動車メーカーや部品メーカーが、サイドミラーをなくしてカメラと車内モニターで後方を確認する「ミラーレス車」の開発を加速させている。メーカー各社は燃費や視認性の改善につながる新技術をアピールして購買意欲を高めたい考えだが、コスト上昇などの課題もある。

 国土交通省が6月、自動車の安全基準などを定めた道路運送車両法の保安基準を改正。従来と同じ視野を確保できるなら、サイドミラーの代わりにカメラやモニターを使うことを認めた。国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)が2015年11月に「ミラーレス車」の解禁を決めたのを受けた措置だ。既に、カメラなどで周辺の状況を確認する技術が進んでおり、サイドミラーの必要性が薄れたと判断した。

 各社が開発を進めるのは、サイドミラーの代わりに車体に取り付けたカメラで後方を撮影し、車内のモニターでチェックする技術だ。サイドミラーがなくなれば、その分の空気抵抗が減って燃費改善につながるほか、デザイン上の制約も一定程度なくなる。ミラーと肉眼では、室内の柱などによる死角が生じるが、カメラの場合は配置を工夫することで「死角が減って安全性が高まる」(自動車大手)。雨の日も、ドアガラスの水滴などに邪魔…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1310文字)

あわせて読みたい

注目の特集