メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金閣寺

敷地内から装飾品出土 七重塔「北山大塔」部材か

北山大塔の部材の可能性がある青銅製破片=京都市上京区で2016年7月6日、小松雄介撮影

 京都市埋蔵文化財研究所は8日、巨大な仏塔の一部とみられる装飾品が、鹿苑寺(金閣寺)=京都市北区=敷地内から出土したと発表した。室町幕府三代将軍の足利義満(1358〜1408)は金閣寺近くに「北山大塔(だいとう)」を建立したとされ、その部材の可能性があるという。七重塔だったとみられるが史料がほとんど残っておらず、部材とすれば初の発見となる。

 最大のもので横幅37.4センチ、高さ24.6センチ、厚さ約1.5センチの青銅製破片が、東側敷地で計…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです