損賠提訴

医療過誤で賠償、県が棄却求める 地裁・第1回弁論 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立二戸病院で手術を受けた県内の70代の男性が多臓器不全で死亡したのは、同病院が適切な処置を怠ったためなどとして、妻が約4183万円の損害賠償を県に求めて盛岡地裁に提訴した。県側は8日、同地裁(小川理津子裁判長)の第1回弁論で請求棄却を求めた。

 訴状によると、男性は2013年9月、同病院で食道がん…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

あわせて読みたい

注目の特集