メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『わたしの<平和と戦争>永遠平和のためのメッセージ』=広岩近広・著

 (集英社・1728円)

 各界を代表する64人の知者へのインタビューを通じて、非戦のメッセージを発信している。毎日新聞大阪本社発行紙面で、2007年から今年3月まで109回連載した「今、平和を語る」を編んだものだ。

 「軍事と安全保障を直視する」の項では、半藤一利、保阪正康、堀田力、辺見庸、内田樹、白井聡、ダグラス・ラミスの各氏らが、軍事と日米関係に深く斬り込んでいる。

 「政治家の資質を問う」では、阿刀田高、色川大吉、加賀乙彦、高村薫の各氏らが、貧しい政治の言葉や政治…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文482文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです