メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

建国5年、経済疲弊…急務の和平定着

 「世界で一番新しい国」南スーダンは9日、建国5年を迎えた。2年続いた内戦を経て今年4月に暫定政権が発足したが、8日も140人以上が死亡する戦闘が首都で発生。経済は著しく疲弊し、内戦再燃の懸念も浮上する。現状を報告する。【ジュバで小泉大士】

インフレ深刻、続く混乱

 「インフレが急速に進み、深刻な影響が出ている。月給1000ドルが300ドルに減ったようなもの」。首都ジュバの国立ジュバ大のフィリップ・アポロ講師(44)がため息をつく。国立5大学の教授や講師は3カ月間給与が支払われず5月下旬にストを決行。先日ようやく受け取ったが、今月以降の見通しはない。「世界一」とされるインフレ率だが、基本給は据え置きだ。

 南スーダンでは公務員給与の遅配が常態化し、ストの嵐が吹き荒れる。ジュバ大ではマイクが買えず、500人の学生に大声で授業をすることもある。

この記事は有料記事です。

残り1373文字(全文1745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです