参院選

安倍首相「落ち着いて取り組む」 改憲実現向けて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
テレビ局からの憲法改正に関する質問に苦笑いする安倍晋三首相=東京都千代田区の自民党本部で2016年7月10日午後10時20分、宮間俊樹撮影
テレビ局からの憲法改正に関する質問に苦笑いする安倍晋三首相=東京都千代田区の自民党本部で2016年7月10日午後10時20分、宮間俊樹撮影

 安倍晋三首相は10日夜、TBSの参院選報道番組で、改憲勢力で3分の2を占める勢いであることを踏まえて「この選挙で憲法の是非が問われていたものではない。憲法改正は自民党立党以来の悲願だが、国民に問うのは国民投票。憲法審査会で今後議論し、国民的理解が高まる中でどの条文(を修正する)かが収れんされていく」との見通しを語った。

 憲法改正に向けた野党との協議に関しては「与党野党(のくくり)ということではない。国会が発議するという観点から、与野党なくしっかり議論してほしい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文568文字)

あわせて読みたい