メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海訴訟

「九段線」判断が焦点 12日に仲裁判決

 オランダ・ハーグの仲裁裁判所で12日、南シナ海を巡る中国の主張は根拠がないとして、国連海洋法条約に基づきフィリピンが申し立てた訴訟の判決が出る。フィリピン側の代理人は、米国のポール・ライクラー弁護士だ。1986年にニカラグアと米国との訴訟で米国に勝訴したのを皮切りに、小国の代理人として英国、ロシアなどに勝訴してきたライクラー弁護士に話を聞いた。【聞き手・ワシントン会川晴之】

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです