南スーダン

「内戦に逆戻り」銃撃戦で死者272人に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ヨハネスブルク小泉大士】南スーダンの首都ジュバで10日、政府軍と反政府勢力との間で銃撃戦が相次いだ。同国は2011年に独立したが13年に内戦が発生。和平合意に基づき今年4月、暫定政権が発足したばかり。英BBCによると、反政府勢力を率いるマシャール第1副大統領の報道官は「内戦に逆戻りした」と語った。

 ロイター通信によると、死者は先週以降、民間人33人を含む計272人に達した。10日も早朝から国連平和維持活動(PKO)の本部があるジュベル地区で、激しい銃撃や砲撃が続き、第1副大統領派の兵士が宿営地を構えるグデレ地区などでも銃撃戦があった。マシャール氏の報道官は、マシャール氏の邸宅も攻撃されたと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文698文字)

あわせて読みたい

ニュース特集