メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「フライパン」と「スキレット」の違い

100スキ、ニトスキ流行中 それぞれ得意な料理があるようです

[PR]

千鶴「使ってみたいけど…」
千鶴「『フライパン』に似ているあれ……なんだっけ?」 ケビン「『スキレット』?」 千鶴「そう『スキレット』! はやっているわよね。」 ケビン「ソウデスネ。今や大ヒット商品デス! 千鶴サン、使ってマスカ?」 千鶴「いや、それがまだ……。『フライパン』とどう使い分ければいいのか分からなくて……。」 ケビン「OK!それでは『フライパン』と『スキレット』について解説しますので、勉強してクダサイ!」
今回のテーマは「フライパン」と「スキレット」の違いです。いずれも調理器具であることは、お分かりかと思います。 「フライパン」は、長い柄が付いている、浅くて平たい鍋のことですね。炒める、焼く、煮る揚げるなどいろいろな調理が可能です。鉄やステンレス、アルミニウム、銅など、材質もさまざまです。 18世紀頃に欧州で使われ始め、日本では明治から大正にかけて普及しました。
「スキレット」は「フライパン」の一種です。日本では、鉄製で厚みがあり重い「フライパン」を「スキレット」と呼んでいます。米国では縁が斜めになった「フライパン」を指し、材質もいろいろです。一方、英国では脚付きのフライパンを「スキレット」と呼びます。 「スキレット」で作るのに適しているのは焼き料理。底が厚いため蓄熱性が高く、食材にじんわりとむらなく火を通すことができます。 見た目がオシャレということもあり、「スキレット」をそのまま食器として使う場合もありますね。目玉焼きやハンバーグなどが「スキレット」に乗せて提供される様子を見たことはありませんか? ケビン「格安の『スキレット』が発売され、ブームにナリマシタネ。」
千鶴「ハンバーグなんかがいいかしらね?」 ケビン「『スキレット』でハンバーグ! オシャレだし、おいしそうだし、いいと思いマース。食べてミタイ!」 千鶴「了解! ちょっと研究してみるわね。」 ケビン「楽しみデス! では、まとめにイキマショウ!」
「フライパン」は柄の付いた浅くて平らな鍋 「スキレット」は鉄製で厚みと重みがあるフライパン
千鶴「『スキレット』で、おしゃれカフェを目指すわ」

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです