メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

シング・ストリート 未来へのうた

アイルランド舞台にバンドで夢描く少年

 アイルランドといえば、貧困と移民という言葉が思い浮かびます。極度の貧困のため、数多くの人々がアメリカをはじめとする海外に移民したからです。

 映画に登場するアイルランドも、貧困と移民の地。「ギャング・オブ・ニューヨーク」はアイルランド移民と元からいる住民の対立が背景でしたし、「怒りの葡萄(ぶどう)」だって、大恐慌によって家を銀行に奪われカリフォルニアに向かう家族はアイルランド系でした。最近公開された「ブルックリン」も、アイルランドからアメリカに移住した女性が主人公でした。

 それがいまでは様がわり。国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したイギリスでは、アイルランドのパス…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1662文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです