重要航空遺産認定証

青森・三沢で贈呈式 十和田湖底から引き揚げの陸軍機 /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一式双発高等練習機の前で、認定証を受け取った大柳繁造館長(右)と日本航空協会の久保小七郎副会長=青森県三沢市の県立三沢航空科学館で
一式双発高等練習機の前で、認定証を受け取った大柳繁造館長(右)と日本航空協会の久保小七郎副会長=青森県三沢市の県立三沢航空科学館で

 十和田湖の底から引き揚げられた旧陸軍の「一式双発高等練習機」の重要航空遺産認定証の贈呈式が、青森県立三沢航空科学館(三沢市)で行われ、日本航空協会(東京)の久保小七郎副会長から県航空協会長の大柳繁造・同科学館長に認定証が渡された。

 贈呈式には種市一正・三沢市長ら関係者約30人が出席した。久保副会長は「唯一国内に残る大…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集