メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ問題対策会議

LINEいじめ有効対策構築へ /富山

 「県いじめ問題対策連絡会議」(議長=渋谷克人・県教育長、23人)の今年度の会合が、富山市新総曲輪の県民会館で開催された。スマートフォンの普及で増加するLINEでのいじめについて問題点が話し合われた。

 同会議は、いじめ防止対策推進法が2013年に施行されたのを受け、県教委が14年に設置。年1回会議を開き、学校、警察、弁護士、臨床心理士など関係各機関が連携し、いじめの防止から発生時の迅速な対応について取り組んでいる。

 会議では、岩手県の中学生が昨年、いじめを苦に自殺したとみられる問題で、同県教委への聞き取り結果をまとめた「発見と組織的対応のための留意点」が紹介され、些細(ささい)なことでも放置しない▽被害を発信しない生徒がいる▽情報は教職員で共有する−−などの重要性を確認した。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 新型コロナ情報発信の医師にカッターの刃 脅迫容疑視野に捜査 栃木県警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです