メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永六輔さん死去

「上を向いて歩こう」ラジオで活躍

笑顔を見せる永六輔さん=2014年1月、竹内幹撮影

 ヒット曲「上を向いて歩こう」などを作詞、放送作家としてテレビ界の草創期を支え、ラジオタレントやエッセイストとしても活躍した永六輔(えい・ろくすけ、本名・永孝雄=えい・たかお)さんが7日、肺炎のため東京都渋谷区内の自宅で死去した。83歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く予定。喪主は長女千絵(ちえ)さん。

 1933年、東京・浅草の寺に生まれた。NHKラジオ「日曜娯楽版」への投稿をきっかけに早稲田大在学中に放送作家、司会者としてデビュー。53年に本放送が始まったテレビの草創期とも重なり、ラジオ、テレビで活躍した。台本を手がけたNHKのテレビ番組「夢であいましょう」では、「こんにちは赤ちゃん」などの作詞も手がける多才ぶりを発揮。「見上げてごらん夜の星を」などヒット曲を生んだ。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです