メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い安定

南スーダン・独立5年の危機/上 兵士、やりたい放題 内戦から避難、2年半動けず

国連施設内にある避難民キャンプ=ジュバ市内で1日、小泉大士撮影

 安定と自立への願いは、再び裏切られるのか。キール大統領派とマシャール第1副大統領派の武力衝突が首都ジュバで11日も続いた南スーダン。日本の自衛隊も国連平和維持活動(PKO)の一環で展開する「世界で最も新しい国」は、独立5年の今、内戦再燃の懸念という新たな試練に直面している。【ジュバで小泉大士】

 「兵士がそこら中にいるようでは、ここを出られない」。スティーブン・マコルさん(37)は不安げだ。2013年12月の正副大統領の権力争いから生じた内戦に追われ、ジュバ郊外の国連PKO本部に隣接するキャンプに退避した。鉄条網に囲まれ約2万8000人がすし詰め状態だ。4月に大統領派と反政府勢力が参加する暫定政権が発足した後も、ほとんどの人がとどまる。

 マコルさんは内戦発生時、キール大統領派のディンカ人兵士に襲われ自宅に火を放たれた。「あの光景は忘れ…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1211文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです