メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

カーニー総裁の果断と英不動産ファンドの動揺=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 英イングランド銀行総裁のカーニーはカナダ中銀から引き抜かれた。6月23日の欧州連合(EU)離脱の国民投票に際しては、残留が望ましいのは当然だが、万一には備えた。ポンド価値の下落は避けられない。しかしQQE(量的、かつ質的金融緩和策)の採用で、英国の株価水準に大波乱は起こさせない決意を固めていたであろう。

 しかし「離脱」から2週目に入ると、不動産市場を巡る不安定が押し寄せた。国際金融拠点のロンドンから金…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです