連載

衣・FASHION

季節や流行を取り入れた大人の着こなしを専門家が紹介します。

連載一覧

衣・FASHION

服や小物をカスタマイズ 安価に手軽に、自分仕様

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「オリジナルスティッチ」のオーダーシャツ。「ウェブサイト上で襟や袖の裏地まで15項目が選べます」と話すインスプラウトの三根一仁社長=東京都港区で
「オリジナルスティッチ」のオーダーシャツ。「ウェブサイト上で襟や袖の裏地まで15項目が選べます」と話すインスプラウトの三根一仁社長=東京都港区で

 デザインや色柄を詳細に指定して「カスタマイズ」(特注)できる服や小物が増えている。人工知能(AI)などを活用することで、従来のオーダーメードより安価で手軽に、自分だけの一品を手に入れられるようになってきた。

 約300種類の生地に襟や袖の形、ボタンの色−−細部に至るまでをウェブサイト上で選べる男性用シャツオーダーサービス「オリジナルスティッチ」。注文時に身長、体重、ウエストと首回りのサイズ、好みのフィット感を入力すると、AIがその他のサイズを計測して型紙データを作成。データが長野県の工場に送られ、生地が自動裁断される仕組みだ。初回はサイズが合わなかった場合、1カ月以内なら無料で交換できる。

 同サービスは2013年、米シリコンバレーの「忙しくて服を買いに行く時間がない」技術者向けに生まれた。日本では翌年からIT企業のインスプラウトが運営を開始。国内登録者数は現在約5万人で、多い時で月に1000枚ほど売れるという。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1637文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集