メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 宇都宮大 塚本純さん

地域課題、解決する力を

 4月に新設された地域デザイン科学部の初代学部長。「よりよい地域を形成するために必要な知識と専門技術を教育研究し、『地域の知の拠点』として地域に貢献することが目的」。「デザイン」という名称について「地域の課題解決へ向けた道筋ととらえている。現代は地域にさまざまな課題があり、その課題解決能力が求められている。われわれが『地域対応力』と言っている学部共通の汎用(はんよう)的能力の養成を基礎に専門教育を行う」と語る。

 新学部は、文系のコミュニティ、理系の建築都市、社会基盤の3デザイン学科からなる。「文理融合の授業を…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです