メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る 道府県知事の出身大学1位 東大

 舛添要一氏の辞職に伴う東京都知事選は14日に告示、31日に投開票され、新しい首都の顔が誕生する。舛添氏は東大出身だったが、道府県の知事の出身大学を調べてみると−−。

 25人と他を圧倒したのは東大だ。うち23人が元官僚。大分県の広瀬勝貞知事(経済産業事務次官)や島根県の溝口善兵衛知事(財務官)のような大物官僚OBもいる。ちなみに、京大出身の4人、一橋大と東北大出身の各1人も元官僚で、官僚出身知事は計29人。省庁別では、総務省(旧自治省を含む)が14人と最多だった。

 10日投開票の鹿児島県知事選では、東大卒で官僚出身の現職が早大卒で民放テレビ局出身の新人に敗れた。とはいえ、国とのパイプ役を期待され、政界、官界に隠然たるネットワークを持つ東大卒の官僚出身者が幅を利かせているようだ。【毎日新聞大学センター長・中根正義】

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです