メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自食作用

スイッチのメカニズム解明…健康維持する働き

 生き物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を作動させる「スイッチ」のメカニズムを解明したと、東京工業大の大隅良典栄誉教授(分子細胞生物学)らが11日付の米科学誌「デベロップメンタル・セル」に発表した。オートファジーの異常で起こるとされるがんや神経難病などの治療や予防法が期待できるという。

 オートファジーには細胞内で不要な物質や有害物質を分解し、健康を維持する働きがあるほか、冬眠する哺乳…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです