都知事選

鳥越氏出馬会見 冒頭発言の全文

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で都知事選への出馬表明をするジャーナリストの鳥越俊太郎さん=東京都内のホテルで2016年7月12日午後2時6分、中村藍撮影
記者会見で都知事選への出馬表明をするジャーナリストの鳥越俊太郎さん=東京都内のホテルで2016年7月12日午後2時6分、中村藍撮影

 12日午後、東京都知事選の出馬会見の冒頭でジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が発言した内容は以下の通り。【錦織祐一、大村健一/デジタル報道センター】

汗水流して払ってもらった税金に対する意識を

 私、鳥越俊太郎、生まれは九州でございます。今でも九州のなまりが消えませんが、30年あまり住んでいるので、東京都民の資格は持っているつもりです。きょうはそんなに長い時間がありませんが、三つぐらいのことを申し上げたい。

 第一に、東京都政は(元知事の)猪瀬(直樹)さん、(前知事の)舛添(要一)さんの時代に、残念ながら「政治とカネ」という、よくある話ですが、2代続けてお金の問題で任期を全うできなかった。それによって、都政が大変な混乱に陥ったことは皆さんもご存じの通りです。それをちゃんと受け止めて、どこに問題があったのか。もし私が皆さんに選んでいただいて、任に当たるとしたら「何を気をつけなければいけないのか」「何を心…

この記事は有料記事です。

残り2582文字(全文2987文字)

あわせて読みたい