メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大空を追われ

農薬で汚染したエサが死因 コウノトリ

<1966(昭和41)年3月16日夕刊社会面>

 トキと並んで“滅びゆく鳥”といわれる特別天然記念物のコウノトリが生息地の兵庫県豊岡市と福井県小浜市で昨年中に三羽死亡したことについて、文化財保護委員会では東京教育大農学部の武藤聡雄教授に死因の解明を依頼していたが、同教授は十五日「コウノトリの死体からは…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです