メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇づくし

別役実物語 自由な発想受け止め

 全国の劇団劇場が別役実の戯曲を上演していく「別役実フェスティバル」も、新国立劇場(東京都渋谷区)で13日から始まる新作「月・こうこう、風・そうそう」の上演でついにフィナーレを迎える。世界中の古典を現代戯曲に変換してきた別役が今回選んだのは、日本最古の物語とされる「竹取物語」。さまざまな他の伝承も盛り込んだ意欲作を演出する新国立劇場芸術監督の宮田慶子に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです