メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇づくし

別役実物語 自由な発想受け止め

 全国の劇団劇場が別役実の戯曲を上演していく「別役実フェスティバル」も、新国立劇場(東京都渋谷区)で13日から始まる新作「月・こうこう、風・そうそう」の上演でついにフィナーレを迎える。世界中の古典を現代戯曲に変換してきた別役が今回選んだのは、日本最古の物語とされる「竹取物語」。さまざまな他の伝承も盛り込んだ意欲作を演出する新国立劇場芸術監督の宮田慶子に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1332文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです