メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇づくし

別役実物語 自由な発想受け止め

 全国の劇団劇場が別役実の戯曲を上演していく「別役実フェスティバル」も、新国立劇場(東京都渋谷区)で13日から始まる新作「月・こうこう、風・そうそう」の上演でついにフィナーレを迎える。世界中の古典を現代戯曲に変換してきた別役が今回選んだのは、日本最古の物語とされる「竹取物語」。さまざまな他の伝承も盛り込んだ意欲作を演出する新国立劇場芸術監督の宮田慶子に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1332文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. 集団左遷!! 第5話視聴率は9.0% “追い風”にのった福山雅治に酒向芳“宿利”が立ちはだかる
  3. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  4. フジ三田友梨佳アナ、磯野貴理子の離婚理由に「女性として一番言われてつらい言葉」(スポニチ)
  5. 「拾ってくれてありがとう」実は…奪ったバッグを交番に 強盗致傷容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです