メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸の女性たちに思い出の古着をまとってもらい、新作を手がけた写真家の長島有里枝=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 写真家の長島有里枝(43)は1993年、家族のヌード写真でデビューした。以来、家族や女性を主題にした作品を発表してきた。神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)を会場にした長島の個展「縫うこと、着ること、語ること。」は、「母親」という役割を担った女性を巡る考察から生まれた。古着を縫い合わせた日よけ布「タープ」と、その古着を提供した女性たちのポートレートを中心に構成されている。

 「母は洋裁学校で学び、夢はパリでお針子になることだったんです」。長島が唐突に語り出す。この春、東京…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1241文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]