メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あ〜と展

「象ふん紙」で書や切り絵 盛岡 /岩手

密猟で絶滅の危機にあるゾウの現状を芸術で伝える中村亜矢子さん=盛岡市新庄の動物公園で

 ゾウのふんからできた紙を使った作品を展示する「象×UNKO=Artあ〜と展」が、盛岡市動物公園(同市新庄)の資料館で開かれている。密猟で絶滅の危機にあるゾウの現実を知ってもらおうと、東京を拠点に活動する芸術家の中村亜矢子さん(32)が企画。「生きているからこそ取れるふんは、殺さないと取れない象牙と正反対のもの。気軽に見てほしい」と話す。

 象牙を目的とした密猟で、野生のアフリカゾウは約15分に1頭が殺されている。野生のアジアゾウは約3万2000頭しか生存しておらず、絶滅危惧種になっている。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです