メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あ〜と展

「象ふん紙」で書や切り絵 盛岡 /岩手

密猟で絶滅の危機にあるゾウの現状を芸術で伝える中村亜矢子さん=盛岡市新庄の動物公園で

 ゾウのふんからできた紙を使った作品を展示する「象×UNKO=Artあ〜と展」が、盛岡市動物公園(同市新庄)の資料館で開かれている。密猟で絶滅の危機にあるゾウの現実を知ってもらおうと、東京を拠点に活動する芸術家の中村亜矢子さん(32)が企画。「生きているからこそ取れるふんは、殺さないと取れない象牙と正反対のもの。気軽に見てほしい」と話す。

 象牙を目的とした密猟で、野生のアフリカゾウは約15分に1頭が殺されている。野生のアジアゾウは約3万…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文439文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです