メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/13 心の居場所「おでんの会」開催 みんなで食べてみんなで語り合い /香川

NPO法人のメンバーと意見交換する竹本さん(左端)=京都市内で、玉木達也撮影

 約100人のメンバーが登録し、特にそのうち約30人が積極的に活動をしているNPO法人「京都自死・自殺相談センターSotto」(京都市)。心の居場所づくりとして「おでんの会」というイベントを定期的に開いている。

 同センター代表の竹本了悟さん(38)は「死にたい気持ちを持っている人が、実際に集まることができる場所」と説明。「少しお金を払ってでも、参加したくなるようなものを目指している」と話す。

 どうしてか。「福祉関係のイベントというと、質素な感じになりやすい。せっかくなら、居心地良く過ごしてほしいので、スタッフの私たち自身が行きたくなるような内容が大事と考えた」という。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです