メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 つらい入院治療 家族と暮らす病院 長男亡くした母、神戸でスタッフに

「チャイルド・ケモ・ハウス」の家族用スペース。「入院した子どもたちに普段通りの生活を送らせてあげたい」と語る楠木重範院長=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 1996年7月に始まった毎日新聞の小児がん征圧キャンペーン「生きる」は今年、20周年を迎えた。この間、治療の向上や告知の普及が進み、小児がんは「治る病」になった。神戸市中央区の小児がん専門の治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」(チャイケモ)は、子どもが家族とともに暮らしながら治療を受けられる施設として注目を集めている。

 天窓から陽光が差し込む遊び部屋で、患者の男の子が笑顔を見せながら、おじいちゃんの蹴ったボールを返す−−。チャイケモのスタッフ、田村亜紀子さん(42)は、施設の中で繰り広げられる光景を眺めながら、胸の中で長男の結人(ゆうと)さんに語りかけた。「夢の病院ができたよ」

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです