メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 つらい入院治療 家族と暮らす病院 長男亡くした母、神戸でスタッフに

「チャイルド・ケモ・ハウス」の家族用スペース。「入院した子どもたちに普段通りの生活を送らせてあげたい」と語る楠木重範院長=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 1996年7月に始まった毎日新聞の小児がん征圧キャンペーン「生きる」は今年、20周年を迎えた。この間、治療の向上や告知の普及が進み、小児がんは「治る病」になった。神戸市中央区の小児がん専門の治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」(チャイケモ)は、子どもが家族とともに暮らしながら治療を受けられる施設として注目を集めている。

 天窓から陽光が差し込む遊び部屋で、患者の男の子が笑顔を見せながら、おじいちゃんの蹴ったボールを返す…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです