メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

関連死疑い130人に…遺族、64人認定請求

地震後、多くの被災者が長期間の車中泊を強いられた=熊本県で2016年4月25日、須賀川理撮影

 熊本地震後に死亡した被災者の震災関連死について、熊本県が「関連死と思われる」と既に公表した20人以外に、5市町の64人の遺族が新たに認定を求めて申請していることが分かった。この他に16市町村で死者51人の遺族らから申請の相談がある。関連死の疑いが約130人にのぼることが明らかになり、市町村の審査が進めば、地震の犠牲者が大幅に増える可能性がある。関連死の人数が、直接死の49人を上回ることも想定される。

 毎日新聞が一部損壊以上の住宅被害があった熊本県内の36市町村を取材した。県公表分以外に遺族から申請…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです