メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本城

石垣に人の線刻「ほほ笑んでいるよう」

石垣の石に描かれた人形=熊本市中央区の熊本城で2016年7月12日午後2時23分、柿崎誠撮影

 熊本地震で壊れた熊本城(熊本市中央区)の石垣の石の一つに人形(ひとがた)の線刻が見つかり、熊本市が12日、報道陣に公開した。市熊本城調査研究センターによると、1607年の築城時に石垣建設に携わった石工が、石垣の無事を祈ってノミなどで彫ったとみられる。センターは「図形などが刻まれたものはあったが、人形を確認したのは初めて」とし…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです