参院選

放送時間3割減 争点隠し影響か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院選関連情報の放送時間
参院選関連情報の放送時間

 NHKを含む在京地上波テレビ6局の参院選関連の放送時間が、前回2013年より3割近く減ったことが分かった。専門家からは「政府与党が憲法改正の争点隠しをしたため報道が盛り上がらなかった」との指摘もある。

 放送時間は、調査会社エム・データ(東京都港区)が東京エリアについて集計した。今回は選挙期間が1日長かったため、公示後最初の日曜から投開票日前日までの2週間を比較した。政見放送や政党CMは除外した。

 それによると、今回の参院選関連の総放送時間は26時間1分で前回の35時間57分から27.6%減った。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文714文字)

あわせて読みたい