真田丸

詳細な最古絵図 松江で発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大坂城の真田丸を描いた絵図「大坂 真田丸」=松江歴史館提供
大坂城の真田丸を描いた絵図「大坂 真田丸」=松江歴史館提供

 松江市は12日、大坂冬の陣(1614年)で戦国武将、真田信繁(幸村)が大坂城の南側に築いた「真田丸」を詳細に描いた最古とみられる絵図「大坂 真田丸」(縦27.8センチ、横40.6センチ)が見つかったと発表した。絵図には真田丸の中に「出丸」(出城)などが描かれていた。絵図の調査を担当した奈良大の千田嘉博学長(城郭考古学)は「真田丸が大坂城の付属施設でなく、独立した城だったと考えられる」としている。

 絵図の北側には「出丸 廿五(二十五)間程」と記載があった。真田丸の北側には、大坂城があり、当時は防御の必要性が低かったとみられるが、出丸の東側には側面を防御する「腰曲輪(こしぐるわ)」も描かれていた。こうしたことから、真田丸の独立性がうかがえるという。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集