メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外渡辺が初の名人位奪取 豊島降し、現役最多の3冠に
大空を追われ

“斜陽”のバレリーナ 田園に舞うわずか30羽 コウノトリ

1957(昭和32)年9月1日朝刊社会面

<1957(昭和32)年9月1日朝刊社会面>

 丘のいただきに近く、降るようなセミしぐれに包まれた茂みに身をひそめて、どのくらいの時がたったであろうか。山陰線八鹿駅(ようかえき)=兵庫県養父(やぶ)郡=から東北方へ六キロ、コウノトリを求めてたどった山道は、八鹿町伊佐(いざ)地区の赤松と雑木に覆われた丘陵地帯だった。

 コズエを渡って涼風が立ちはじめた。陽は山の端に迫っていよいよ赤く、ひとはけの雲を流した大空はあかね色に燃えていた。そのとき――束の間の色どりに映える空を斜めによぎって黒く大きな鳥影が過ぎた。コウノトリであった。羽ばたきを止めた翼は気流に乗ってみごとな滑空をみせ、丘の上をゆるゆると旋回した。しなやかな首筋の純白の羽毛が夕陽に染まり、薄紅色に輝いていた。やがて高度を下げたコウノトリは、風切羽を鳴らして山田の上に舞い降りた。そのすぐあとから、追いかけるようにもう一羽が飛んできた。地上のコウノトリは細首をさしのべ、空に向かって「グワッ、グワッ」と鳴いた。「危険ナシ、着陸ヨロシ」の信号だったのだろう。続く一羽は旋回なしに真一文字に降り立った。二羽は寄りそってエをあさった。

 東の空がルリ色に変わりそめたとき、コウノトリ夫妻は連れだって舞い上がり、ねぐらを指した。その巣は丘の背にひときわ抜きん出た松の巨木の頂上にあった。

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文2045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです