SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『愛のことはもう仕方ない』枡野浩一・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

それが「男らしさ」なら「萎え」ていてかまわない

◆『愛のことはもう仕方ない』枡野浩一・著(サイゾー/税抜き1700円)

 この前、近くのスーパーの駐車場で中年男性同士が揉(も)めていた。理由は知らない。「俺は何年も通ってんだぞ」に対し、「俺は何十年も通ってんだぞ」と凄(すご)んでいる。「あなた、もうやめて」と妻が仲裁に入っているが、こういう珍奇な光景を作り続ける中年男性の憤りに立ち会うと、加齢ってものが怖くなる。

 男性週刊誌では「死ぬまでセックス」特集が毎週のように組まれている。男のプライドを誇示し続ける記事を眺めつつ、その取り組みがダダ漏れである事に恥じらいはないのかなと思う。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文939文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集