メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

楽しいジョギングのために 自分のペース見つけて

 ジョギングで体重を落として、健康に暮らしたい−−。年齢や男女を問わず、そんな望みを抱いたことがある人は多いだろう。でも走ってみたものの、継続するのは難しい。「空前のランニングブーム」ともいわれる今、楽しく続けられるコツを、「走」の専門家に聞いた。【江畑佳明】

胸を張ったよい姿勢で/気温30度超えたら中止/頑張らず週3回で十分

 会社の健康診断などで「メタボリック症候群」との結果が出て、「学生時代は運動部で体を動かしていたし、ジョギングでもやろうか」と決心した人もいるのでは。「その意気やよし!」と褒めたいところだが、「そのような人は最初からスピードを出しすぎ、体を痛めてしまうケースが多々あります」と警鐘を鳴らすのは、早稲田大スポーツ科学学術院准教授の鳥居俊(すぐる)さんだ。スポーツ整形外科医でもあり、日本陸上競技連盟のチームドクターとして来月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪にも同行する。

 鳥居さんは「社会人になってから定期的に運動していない人は『昔取った杵柄(きねづか)』という考えは捨…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです