メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
おもしろいもの観た?

芝居とは?生きるとは?

 見ているけれど、本当にちゃんと見えているのか。普段は漫然と流してしまっているようなことを、芝居というものは、しばしば、立ち止まって考えさせる時間をくれる。

 「世直しじゃー、と思って書いています」と言うミナモザ主宰の劇作家・演出家の瀬戸山美咲はそんな意味でも、気になる存在である。同じく劇作家・演出家の大竹野正典(1960〜2009年)の生きざまを描いたオフィスコットーネプロデュース「埒(らち)もなく汚れなく」(6月1〜12日、東京・下北沢のシアター711)は、“評伝劇”の枠組みを超え、激烈で生々しいセリフが紡ぐ愛と生が痛切に響いた。

 海の事故で48歳で亡くなった大竹野の作品にひかれ、これまで再演も含め9本上演してきたプロデューサー…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです