メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おもしろいもの観た?

芝居とは?生きるとは?

 見ているけれど、本当にちゃんと見えているのか。普段は漫然と流してしまっているようなことを、芝居というものは、しばしば、立ち止まって考えさせる時間をくれる。

 「世直しじゃー、と思って書いています」と言うミナモザ主宰の劇作家・演出家の瀬戸山美咲はそんな意味でも、気になる存在である。同じく劇作家・演出家の大竹野正典(1960〜2009年)の生きざまを描いたオフィスコットーネプロデュース「埒(らち)もなく汚れなく」(6月1〜12日、東京・下北沢のシアター711)は、“評伝劇”の枠組みを超え、激烈で生々しいセリフが紡ぐ愛と生が痛切に響いた。

 海の事故で48歳で亡くなった大竹野の作品にひかれ、これまで再演も含め9本上演してきたプロデューサー、綿貫凜が企画。大竹野(西尾友樹)と妻、小寿枝(占部房子)のやりとりを軸に、遺作「山の声」をダブらせながら「演劇とは?」「家族とは?」「生きるとは?」と、さまざまなボールを投げてくる。雑誌ライターでもあった瀬戸山は、関係者のインタビューを重ねた。綿密な取材を土台に、そこから時空を自在に操りドラマを創…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです